妄想

自転車に乗せて、花束を届けたい

自転車のカゴにあふれんばかりの花束を乗せ、大切なひとたちに届けたい。 これは、生きているうちに叶えたい夢のひとつだ。 雲ひとつない澄んだ青空に、白いノースリーブワンピースが丁度いいくらいの気温。肩甲骨よりすこし長い髪をゆるりと巻いてハーフア…

「ちょっと出てこれない?」に憧れている

「ちょっと出てこれない?」 特に観ているわけでもないテレビの音をBGMにして、頭のてっぺんで縛ったお団子をふわりふわりと揺らし、彼のTwitterを遡って「あ~~~~会いたいな~~~~」と心の中で叫びながらベッドにダイブした瞬間。 右手の中で振動するi…