一歩踏み出す‘‘きっかけ’’

f:id:winking:20171111161333j:plain

 

 まさか、自分が誰かの人生を変えるきっかけになれるとは思ってもみなかった。

 

 知り合って3、4年になる友人が、

「めくばせの姿を見て、このままではいけないと思った。」

と言って笑った。

 彼女は自他ともに認めるワーカホリックで、学生時代はいくつものバイトを掛け持ちしていたと言う。

 彼女が働くことにおいて‘‘楽しいかどうか’’を重視しているようには見えなかった。とはいっても、仕事が嫌いというわけではなさそうで、むしろ身体を動かしていたり、忙しくしていることを好んでいるようにも見える。生活に必要なお金を手に入れるために、日々淡々と仕事をこなしていたのではないだろうか。

 

 好きとか楽しいという感情と仕事を切り離して考えていた(ように見えた)彼女がそう口にしたのは、9月の初めだった。高円寺で美味しいハンバーグを食べていると、目の前の彼女がぽつりとそう言った。

 知り合って3、4年だけれど、ここ最近急速に成長している私を見て、「このままではいけない」と思ったのだそうだ。私の楽しく生きようとする姿や、仕事を楽しもうという姿勢に、自分はこのまま何となく働いていていいのだろうかと疑問に思った、と呟いたのち、「一歩踏み出したいの。Webデザインのスクールに通おうかなって」と笑った。 

 

 涙が零れた。何に関してもまだまだ未熟な私の生き方で、誰かの人生が変わるかもしれないなんて思ってもみなかった。楽しく生きたい一心で積み重ねてきた選択が、こんな未来を連れてくるだなんて。

 誰かの「一歩を踏み出すきっかけ」になれたことが嬉しくて嬉しくて、ハンバーグを食べながら泣いた。その言葉を聞いて、私自身も救われたのだ。

 彼女は今、スクールに通いながら働いている。この先どうなるのかはわからないけれど、今まで考えもしなかった世界に足を踏み入れて、彼女はもっともっと美しくなるのだろうなと考えたら、わくわくが止まらない。

 

 

 「趣味は趣味、仕事は仕事。好きなことを仕事にしたくはない。」と割り切っている人は一定数いるし、それを否定するつもりも全くない。好きなものを好きなままでいるには、ある程度の距離を必要とする人もいるだろう。

 けれど、仕事をしている時間は人生の大半を占める。人生を楽しみたいのなら、まず仕事を楽しむことから始まると思うし、仕事を楽しみたいなら、好きなことでお金がもらえるように努力した方が手っ取り早いと私は思う。短絡的と言われれば「そうかも」と頷くしかないのだけれど……。

 楽しいと心から思えることで誰かを幸せにできて、そのうえお金も貰えるなんて、こんなに幸せなことはないよなあ。

 

 彼女は学生時代よく携帯でホームページを作っていたそうだ。

「爪の先で授業中ポチポチとコードを打っていて、それがすごく楽しかったの」

と懐かしそうに笑う彼女を見た瞬間から、彼女はきっとこの選択を正解に導くのだろうなと確信している。

 

 

 試行錯誤の日々だけれど、思い悩んでいる人が一歩踏み出す‘‘きっかけ’’を作っていけるように、これからも毎日楽しんで生きていこうと思う。