三日坊主が運動を続けられている理由

f:id:winking:20180724195553j:plain

 

こんばんは、めくばせです。

昨日、こんなツイートをしました。

 

 

‘‘運動嫌いのめくばせ’’という名を馳せまくっていた三日坊主のわたしが、なんと、なんと1週間も運動を続けられています。天地がひっくり返るか、あるいは雪が降るかもしれません。

 

継続というにはまだ短すぎますが、約1週間で気がついたことを書きます。

 

 

継続できない2つの理由

好きなことには寝食を忘れるほど熱中し、そうでないことは三日と続かないわたし。

 

今回運動を続けてみて、気がつきました。

 

➀目的がはっきりしていない

②ルールのハードルが高すぎる

と、継続できない。

 

目的やゴールがなければ、どこへ向かってどのくらいの速さで走ればいいのかわからなくなってしまう。

 

最低限のルールがなければ、「今日はこのくらいでいいだろう」と自分を甘やかしてしまうに違いないし、そんな自分に「やっぱり自分はこの程度の人間なのだ」と諦めのような感情を抱く(当社比)。

 

わたしも含め、継続できない人って「ルールのハードルが高すぎる」のだと思います。

 

目的やゴールがはっきりしていても、「早く成長しなくちゃ」「早くたどり着かなくちゃ」と気持ちが焦ったり自分を過信すると、「これくらいできて当然」と思うようになり、ルールのハードルが高くなっていく。

 

そういう状態で始めると目的が‘‘ハードルを越えるため’’にすり替わるし、ハードルが高すぎて結局続かないんですよね。

 

目的を設定→最低限のルールを作ったら続いた

今回の目的を達成するためには、どうしても運動をする必要がありました。

 

好きではなかったけれど、やるしかない。もうごめんだ。自分にも、自分の未来にもガッカリしたくない。

 

そんな思いで最低限のルールだけを作り、運動を続けていると、あれ?なんだか楽しい。あれ?少しずつだけれど結果がでてる。

するとさらにやる気がでてきて、どうすればより楽しめるか、ゴールに近づけるかを現実的に考えられるようになりました。 

 

 

SHE lovesのWebデザインコースでも同じようなことを感じたのですが(SHElovesデザインコースを受講して - 秋とアイスと目配せと)、

続けていくうちに楽しく感じられたり、好きになったりするんですよね。避けていたけれど、運動も同じでした。

  

まとめ

はー、今このタイミングで気づけてよかった。

今回の2点に加えて、最近「とりあえずやる精神」が板についてきたことも理由の1つかもしれません。(今気がついた)

 

今日のブログを読み返してみたら、

 

好きではなかったけれど、やるしかない。もうごめんだ。自分にも、自分の未来にもガッカリしたくない。

 

と書いていてびっくりしました。自分にちょっとだけ期待してみよう。